■Panasonic_ノートPCバッテリーの追加リコールについて

何だかまとめ記事系のサイトで Panasonic のノートPCバッテリーの再リコールについて騒がれている様だ。そこで、どうしたんだ?再発症か?と心配になって調べてみた。(私は該当機種のユーザーなので…)

●Panasonic 本家サイト_ノートパソコン用バッテリーパック・リコール関係のお知らせページ http://askpc.panasonic.co.jp/info/
●リコール社告 【新たなお願い】 ノートパソコン用バッテリーパック交換・回収の新たなお知らせ_(2017-12-06) http://askpc.panasonic.co.jp/info/171206.html
●リコール社告 ノートパソコン バッテリー 「充電制御ユーティリティ」設定のお願い_(2018-03-28) http://askpc.panasonic.co.jp/info/180328.html

どういう事なんだか?【私はバッテリーのリコール交換は済ませてあるので、大丈夫なはず?】と思いながらチェックしてみたら・・・おいおい、【リコール交換済のバッテリーを含めて「充電制御ユーティリティ」の設定をして欲しい】というお願いな訳なの?ふぇ~、これはかなり重症だと思った。充電池の型番も調べてみたらビンゴだったし…もうね、どうしろというのかと?要するに、充電池を限界まで充電しなければOKという話なのか?(本当にそれで大丈夫なのか?)とても心配になる内容だ。(バッテリーの充電量を 80% までに抑える措置らしい)

私は Panasonic のノートパソコンを使う様になって既に20年以上は経つけれど(調べてみたら1996年発売の AL-N1 から購入開始)、こんなに大きなリコールは記憶にない。しっかりしてくれよ Panasonic ?もう9機種くらい Let’s-note を買い続けているんだぞ?

●Panasonic 本家サイト_Let’s note の歴史 https://panasonic.biz/cns/pc/news/hist_lets/

●一応、個人的な見解
私の場合は、CF-S10 は御出掛け時や就寝前に寝っ転がりながら時…のサブマシン化しているので、それ程は困らないとは思う。バッテリーに問題が有るのであれば、AC電源が有る場所ではバッテリーを取り外して運用するのが安心かも知れない(個人的見解)どうも納得が行かないので、「充電制御ユーティリティ」はインスコせずに、バッテリーレスでの運用を心掛けてみようかと
思っている(モバイル PC ではなくなってしまうが…)。まあ良い。お出掛け時用には富士通の SH75/B1 も有るので、そちらに任せようと思う。

●2018-03-30 追記
2018-03-30 付けで Panasonic からこの件についての注意喚起メールが届いた。まあ、内容は知っている点だけだったけれど、 Panasonic は問題解決に向けて努力している・・・という事だろうと思う。(少なくとも放置ではない!)

●2018-04-05 追記
経済産業省:リコール情報 http://www.meti.go.jp/product_safety/recall/index.html
主に日本国内で販売された製品(PC以外の製品も)のリコール情報が色々と載っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA