TACTIX_パーツケース#320006

これはホームセンター等で良く見掛けるプラ製のパーツケースなのだけれど、少し変わっている。
どこが違うのか?というと、もの凄く間仕切りの自由度が高いパーツケースなのだ。
画像を見て欲しいのだが…、


↑ 画像左・間仕切りを全て付けて有る状態、↑ 画像右・縦の珊を全て取り外した状態、


↑ 画像左・横の珊も取り外した状態。要するに、全ての珊が取り外し可能になっている。
画像右・奥行方向の壁面を良く見ると、↑ 3分割用以外に2分割用のスリットも準備してある。

私は工作を結構と長くやっているが、パーツケースで全ての珊が取り外し可能になっている商品というのは、他には余り見た事が無い。通常は…横6x縦3段=18区分、なのだけど…横6x縦2段=12区分、の間仕切りにも対応可能だよ…とメーカー側が言っている様な気がする。

ただし、手放しでは喜べない面も有る。いくら奥行方向に標準の3分割ではなく、2分割も選択可能だとは言っても、それ用の縦方向の間仕切りパーツが準備されている訳ではないからだ。
(この商品はジョイフル本田で購入したが、少なくとも購入した店にはパーツは置いていなかった)
だから、大幅に間仕切りを組み替えたい場合には、自分でパーツを自作する事になってしまう。雰囲気的には、使い手の技量を試す様な所が有るパーツケース…と言えるかも知れない。

とは言え、ここまで自由度の高いパーツケースは他には存在していない。必要とあれば、珊の切り取りなどをせずに構成を変えられる…という構造には安心感を覚える。(取り外してある柵をカットする事は楽だが、本体に一体化している柵を切り離す作業は一苦労だ。後者は普通は綺麗に仕上げられないし、改造後の柵の設置にも苦労すると思える)私は今の所は大規模な間仕切り替えまで行う予定は無いが、機会が有れば珊の自作等も行ってみたいものだと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA