簡単炊き込み御飯(鮭&あさり)

↑ 今回の炊き込みの材料を全て並べた所。面倒な下ごしらえは一切なし!

我が家では、炊き込み御飯を良く作るのだが、簡単で、美味しくて、余り高くない、という3拍子揃ったレシピを探求している。(どこかの牛丼屋のフレーズみたいだな?)でも、市販の炊き込みの素ではつまらない。そこでフルオリジナルで炊き込みだ!

■今回揃える材料は…5合炊き用材料(多いと思う場合は半分にして2.5合で作って欲しい)
・塩鮭 or 甘鮭……300g前後(できれば事前に焼いてから炊き込んで欲しい)
・あさりのパスタソース……1缶(はごろも製、290g入り、液体を含めて全て入れる)
・レンコンきんぴら……250g(業務スーパーで購入。1Kg入りの袋物の小分けだ)
・なめ茸……130g前後(写真の瓶は260g入りなので半分使用する)
・ごはんですよ等の海苔の佃煮……大さじスリ切り2杯(鮭の塩辛さを見て調整して欲しい)

これだけだ。後は揃えた材料と、お米を一緒に炊飯器に入れて、炊き込むだけだ。

■一応注意点としては…
鮭に限らず魚を炊き込みに使う場合には、事前に焼いてから使うと生臭さが籠らない様だ。それと、水分量なのだが、あさりソース&レンコンきんぴらに、ある程度の水分が入っているので、材料を入れる前に水分量を丁度良くしてしまうと、柔らか目の炊き上がりになってしまう点だろう。
そこで我が家では、お米を水に浸して1~2時間置いておき、一度水を捨てて減らしてから、材料に含まれている水分だけ加え、更に丁度良い水分量にして、最後に材料を入れて炊く様にしている。この様にすれば、まず失敗なしだ。(このくらいはやってね。唯一気を付けるポイントだし…)


↑ 画像左側は、レンコンきんぴら、1Kg入りの袋物で、業務スーパーで購入。日本の創味製の惣菜だ。画像右側は、我が家の魔法の食材、海苔の佃煮と、なめ茸だ。これを調味料的な感覚で加えると → 美味しい!


↑ 材料を全て釜に入れた状態と、炊き上がった状態、今回も美味しそうに炊けた!


↑ 具材と御飯を混ぜ込んだ状態。(この時が一番に幸せを感じる!)

それと敢えて言えば…鮭は商品によって塩辛さがピンキリに色々と有る。焼いた時に塩辛さを見るために少し食してみて、その塩辛さによって海苔の佃煮の量を増減して欲しい。(大匙スリ切り2杯は、甘塩だった場合の分量だ)塩分は、なめ茸の方で調整しても良いが、勘所は取り難い。

今回使った材料は、全て事前に味が付けられている物ばかりなので、特別には味付けも必要ない。また、味の組み合わせも美味しいと感じた物なので、まあ行ける味…になり易いと思う。5合炊いても、美味しい仕上がりなので、案外とペロリとハケるのも早いので安心して欲しい。我が家の感覚としては『もの凄い具沢山の炊き込み』…という仕上がりになると思っている。(オカズは一切必要ないくらいだ)手軽で美味しい炊き込み御飯で是非とも盛り上がって欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA