久しぶりに明治のファミリアを買ってみたら・・・

■久しぶりに明治のファミリアを買ってみたら、少し内容量が変っていた件、

まず自動車で色々な店の買い回りの途中で買ったのだが…大して容器を傾けた訳でもないのに家に帰ってみると容器の外側に溶けたアイスの液体が広がっていたのが、始まりだった。『あれ?以前はこんな事は無かったけどな?多少傾いていたか?』と思いながら蓋を開いて納得した。これ、下側容器のフチを超えて、アイスクリームの内容物が盛り盛りで入れてある…。

いや、以前はこんなには入っていなかったハズ…確か下容器のフチ、ギリギリくらいの詰め込み具合だったと思うんだがな?(購入から時間が経ったとしても、こんなには溶け出て来なかったよ)ファミリアは1パック498円の時代になってからは、あんまり買っていなかったから気付かなかったのかな?とも思ったのだけど、保存してあるレシートを確認してみると、ちゃんと買っている。でも、確かに以前とは盛り付けの状況が異なっている様なのだけど?

考えてみると、明治のファミリアは以前は1パック298円で買えたのに(5年くらい前の話かな?)、今や1パック498円もする。これは『許せん!』という気持ちにもなるよね?よっぽど私みたいに『許せん!』という気持ちの人が大勢居て、批判が集中したのかねぇ?(あくまでも個人的な予測)経緯は良く判らないのだけど、明治側もせめてもの罪滅ぼしのつもりで内容量の増量に踏み切ったのかもね。でもね、これは以前と容器は同じ物だから、溶けると他に広がり易い欠点も出ていると思う。まあ今回は、買い物品全体をダンボール箱の中に入れていたので、大した被害が出なくて良かった。

増量は嬉しいけど、これからはファミリアを買ったら、寄り道せずに帰らないといけなくなった。つまり、順路とか買い物の順番が限定される事になり、これはかなり困る状況だと思える。乳製品が染み込むと困る品との混載も厳禁になってしまった。(これは対処可能だが、多少は困る)

こういう予期せぬ(予告無しの)変更も、場合によっては有るのかな?と思った事例だった。味や食感は、正直余り変わっていない様に思えた。『以前よりも多少ネットリ感が増えたか?』という気はしたが、氷の粒子のシャリシャリ感も、甘味加減も、以前のままだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA