ジャンプスターターの使用感想(その2)

以前の経緯 → 購入使用その1
日立の PS-18000 をモバイルバッテリーとして使用してみる事にした。今回は、自家用車内で良く利用するであろう DC12V 電源として使ってみた。動かす機器は以前に購入してあったブラック&デッカーの掃除機 PAV1205 だ。
http://www.blackanddecker-japan.com/appliance/handy/pav1205.html
12V の掃除機等を車内で動かしたい時、皆さんはどう電源を取っているだろうか?我が家では『掃除機を掛けている間エンジンを回してシガレットから電源を取る』方法で使っていた。でも、このモバイルバッテリーが有れば、エンジンをカラ回しする必要は無くなる。

実はジャンプスターター装置を『車内で掃除機用の電源として使う』というのは、当初からの目論見の一つだった。ジャンプスターターとして使えるバッテリー装置の多くが、DC12V 出力は 2.5A~4A 程度の物が多く、本格的に車内で掃除機を掛け様とすると、どうしても電力供給不足になり勝ちだ…という事は指摘しておきたい。ブラック&デッカーの掃除機 PAV1205 は、起動時に 10A 程度は消費するそうだ。(以前にメーカーに問い合わせ済み)日立の PS-18000 なら、DC12V 出力は正式に10A に対応しているので、かなりの高出力の掃除機でも動かせる事になる。
18,000mAh=18Ah、18Ah÷10A=1.8h(時間)要するにこのバッテリー装置は 10A 機器なら満充電で 1.8 時間も使える事になる。掃除機 PAV1205 は起動時に 10A 消費だから、連続運転なら満充電から 2 時間くらいは使える。これは案外と凄い事なのではないだろうか?
申し訳ない。取り扱い説明書を良く読んでみると・・・18,000mAh は 12V 時ではなく『3.7V 出力時に18,000mAh』 と書いて有った!(でも3.7V 出力なんて付いてない!)きっと、内部の電池の出力的に…という意味なのだと思う。この機器が 12V を主力に据えた設定だったので間違えてしまった。『3.7V 出力時に18,000mAh』なら、持続時間の方も約30%くらい(つまり約36分間稼働)という事になるかと思う。(それでも結構と凄いとは思うけれど)大変に申し訳ない。m(_ _”m)


PS-18000 はシガレット用の電源コードも付属しているので手軽に DC12V が使える。

ちなみに今回使った PAV1205 だが、最近ドン・キホーテで2,980円で売られていてショックを受けた。何故なら、私がこれを買った4年程前の時点では、4,800円以上で売られているのが普通だったからだ。でも良い品が安く買える様になった事は喜ばしい。率直に評価すべきであろうと、自分に言い聞かせている。

前後の経緯 → 購入使用感想その01、使用感想その02(当記事)、使用感想その03、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA