ジャンプスターターを購入してみた


■ジャンプスターターとは?
自動車などエンジンで駆動する機械のバッテリーが上がってしまった時に、バッテリーの補助(代替)電源としてエンジン起動を行える装置…の事を言う様だ。

■ジャンプスターター購入までの経緯
モバイルバッテリーなる物が世の中に普及する様になってから、随分と経つ様に思う。しかし時代は変わった。今やモバイルバッテリーは大容量化が進み、なんと普通乗用車のバッテリー上がり時にエンジン起動できてしまう程の電力量を持つ機種さえ現れて来た。『むむむ…そこまで高機能化しているのか?これは興味有る!』と調べてみる気になった。色々と調べてみると、中国メーカー品を中心として、低価格な製品が百花繚乱状態だった。しかしユーザーレポートを読むとトラブルも散見される。これは要注意!と冷や汗が出た。

最近では、スマホバッテリーの爆発&発火騒ぎも記憶に新しい。ましてやこれは、瞬間的に大電力を必要とする『バッテリー上がり時のエンジン起動』をハンディーバッテリーを使い実現しようという話な訳だ。普通の感覚なら、自分からトラブルに飛び込んで行く様な話…のはずなのだ。(私の認識は、やや古い事も多い)でも、注意するに越した事はないはずだ。

色々と考えてみた。安くて高機能な製品も多く有った。でもやはり、大容量充電池製品だと日本メーカー品を選んでおいた方が安心かな?という結論になった。選んだのは、これだ。
日立-HITACHI-ジャンプスターター-充電バッテリー日立ポータブルパワーソース-PS-18000
( Amazon にて購入 2017年9月17日時点で21,689円売り(送料込み))
日立の PS-18000 だ。これは名前の通り、18000mAhの容量を持っていて、普通乗用車のエンジン起動にも使える。(ただし中国製だ)これは特別に高機能品という訳ではないが、12Vと5V(USBソケット)の給電機能を持っている。しかも12Vは普通自動車エンジン用のジャンプスターターとして使うソケットとは別に、10Aまで対応の一般機器に給電可能なソケットも備えている。これは遊べそうな製品だ。(かえって弄る要素が増えて嬉しい) という訳で、日立の PS-18000 を選ぶ事にした。さて、これを使ってどう遊ぼうか?

●2018-04-10 追記:この機種は内容が変更された様です。 ↓ 新しい機種はこれです。
日立(HITACHI) ジャンプスターター 充電バッテリー日立ポータブルパワーソース 16000mAh 12V車専用 PS-16000 RP(2018-04-10 現在 29,800円)

以後の経緯 → 購入(当記事)、使用感想その01使用感想その02、使用感想その03

2 件のコメント

  • サイト開設おめでとうございます。
    最初のコメントいただきます^^
    Wordpressなんですね。
    また色々参考にさせていただきます。

    • ようこそ、いらっしゃいませ。
      私としても、初コメント付けになります。
      今まで私は、他の方のサイトの書き込み
      ばかりでしたのに、何か不思議な気分です。
      これからも、よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA